伝統的なヨーロピアンスタイルと、日本のおもてなし精神とが融合したホテルニューグランド。
今では国民的洋食の品がここで生まれ、全国へと広がりました。
ホテルニューグランドの本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」で今もその味をお楽しみいただけます。

国民的洋食の発祥の地で歴史を感じる伝統の味

シーフードドリア

洋食の定番として人気の「ドリア」は、ホテルニューグランドの初代総料理長が考案しました。
1927年、ホテルニューグランドの宿泊客である欧州の銀行家が体調を崩してしました。
そこで初代総料理長サーリー・ワイル氏が「体調が優れなくても食べられる、喉越しの良いもの」として、
即興で作ったものが現在のドリアの始まりでした。

いまでもニューグランド発祥のオリジナル・ドリアは、コーヒーハウス「ザ・カフェ」でお召し上がりいただけます。

シーフードドリア

プリン・ア・ラ・モード

「ア・ラ・モード」とはフランス語で「洗練されたもの」という意味。
ボリュームや見た目にこだわり、アメリカのデザートを恋しがった進駐米軍の将校・その夫人たちを楽しませました。

ホテルニューグランドは終戦後7年間、GHQに接収されていました。
その間は米国将校とその家族が宿泊し、アメリカ文化が色濃くありました。
最新の映画や食文化など、海外の方々が満足するレベルが求められたのです。

プリン・ア・ラ・モード

スパゲッティナポリタン

進駐の米軍兵士が軍用の保存食として使用していたスパゲッティとトマトケチャップ。
「スパゲッティに塩・胡椒・トマトケチャップを和えたもの」が今の日本のナポリタンの原型です。
進駐軍が持ち込んだ一般的な欧米文化は当時大変珍しがられたため、ケチャップスパゲッティもすぐに街の喫茶店に並びました。
ホテルニューグランドでは開業当時からボンゴレやミートソースといったスパゲッティ料理があったため、
ケチャップだけの簡素なものは味気ないと、
第2代総料理長の入江氏により玉ねぎ・ピーマン・ハムなどが入った現在のスタイルが考案されました。

プリン・ア・ラ・モード

ぜひとも発祥の地で、歴史を感じながら定番の洋食メニューをお召し上がりください。
※上記写真は全てイメージです。

ホテルニューグランド 宿泊部客室課長 山本修二様インタビューはこちら

ホテル様コラム一覧に戻る


pageTop