商品本部 製造課 組立班 係長

Nakajima
―――入社の決め手はなんでしたか。
全米シェア№1というブランド力を持っているシーリーで、自分も何か大きな仕事がしてみたいと思ったことがきっかけでした。
―――今の仕事内容を教えてください。
シーリーの核となるマットレスの製造に携わっています。製造とひとことに言っても様々な作業工程があるのですが、私はマットレスの組立てから検品、梱包を経て出荷までに携わっています。この工程は製造の中で最終工程にあたるので責任感をもって仕事に取り組んでいます。また、技術を後輩に教えたり、チームをまとめたりと、人材育成にも尽力しています。
―――今の仕事に就くまでのキャリアや経験を教えてください。
最初は金型を作る仕事をしていましたが、友人からシーリーのことを紹介されたのがきっかけでこの仕事に出会い、今に至ります。
―――会社の雰囲気を教えてください。
仕事を通じて一番思うことは、周りにいる仲間の大切さです。仕事は楽しいことばかりではないし、失敗もあります。どんなに辛くても越えなければならない壁もたくさんありました。そのひとつひとつを今振り返ってみると、いつもそばには仲間がいて、助けてくれました。その時自分ひとりだったら絶対にやり遂げられてなかったと思います。そういった意味で、あったかい会社だと思います。
―――今の仕事の面白さや醍醐味はどんなところですか。
また、あなたにとって仕事はどんな意味を持っていますか。
自分にできる仕事の幅が広がったり、深まったりすることで自分の成長や存在意義が実感できます。例えばテープエッジといって、マットレスを組み立てた後、特殊なマシンを使って端をつなぎ合わせていく熟練を要する作業があるのですが、その工程を任されるようになった時は緊張と同時にワクワクしました。仕事は私に挑戦の場を与えてくれます。
―――あなたの「夢」はなんですか。また「夢を追いかける力」はどこから湧いてきますか。
仕事で言うなら、良いものを作ることではなく、良いものを作り続けていくことが夢であり目標です。私たちがつくるマットレスの全てが、お客様にとっては愛着のある唯一のマットレスですので、どのひとつをとっても最高の出来であること、あり続けることが、メーカーとして大事だと思っています。そして、お客様から高い評価をいただき、リピーターや指名買いが増えていく事実こそが、良いものを作り続ける原動力となっています。
―――プライベートについてお聞きします。お休みの日は何をしていますか。
暇をみつけてはサーフィンに行っています。波乗りをしているときが最高に気持ちよく、楽しい時間です。
―――今興味を持っていることがあれば教えてください。
いろんなことに興味を広げるタイプではないので・・・やはり、サーフィンですかね。

インタビュー一覧に戻る