執行役員営業本部長

akada

―――入社の決め手はなんでしたか。
お客様と一緒に悩み、喜ぶことができる営業職にあこがれて、心機一転この世界に飛び込みました。
スピーディな対処や、解決するまで取り組む根気強さが必要な大変な仕事です。
お客様の笑顔と「ありがとう」という言葉があるからこそ続けられる仕事です。
―――今の仕事内容を教えてください。
大手量販店の商談が主な業務で、商談の為遠くは九州まで行くこともあります。
受注量の多さや1回の商談で決まる金額の大きさには気苦労が絶えません。
しかし大きなプレッシャーや責任を感じる反面、経験を積むにしたがってそこに面白さや、やりがいを感じられるようになってきました。
―――今の仕事に就くまでのキャリアや経験を教えてください。
電子技研にて製造部門の管理をしていました。自分が手がけた商品に関する知識や愛着には自信があります。
だからこそ、自分で直接商品をアピールしてみたいと思いが強くなったのです。
職種の壁を越えてチャレンジできたことは自分にとって大きなプラスになりました。
―――会社の雰囲気を教えてください。
限られた時間の中で仕事をこなすためには、その日やらなければならない業務を適切に判断し、片付けることが大切です。
そして、仕事で頑張った分プライベートを思いきり満喫し、また仕事を頑張る。
そんな雰囲気が会社全体に感じられます。
―――今の仕事の面白さや醍醐味はどんなところですか。
また、あなたにとって仕事はどんな意味を持っていますか。
所長をしていた頃は、部下とともに目標達成の喜びを分かち合いました。仕事の面白さは、その「感動」ではないでしょうか。それは、目標があればこそ味わえる喜びだと痛感しました。
仕事をしていく中で何かを得たり残したりしていくことで、自分の成長を感じることが出来ています。
―――あなたの「夢」はなんですか。また「夢を追いかける力」はどこから湧いてきますか。
山に別荘を持ち、休日をそこで過ごすことが子供の頃からの夢です。
―――プライベートについてお聞きします。お休みの日は何をしていますか。
2人の息子とテニスやキャンプなどをしています。他にも、夏は海でボディーボード、冬は山でスキーやスノーボードを楽しんでいます。子供たちがやりたいことに、自分もはまってしまうんです(笑)。
―――今興味を持っていることがあれば教えてください。
息子の受験勉強でしょうか。勉強も遊びも、息子が一生懸命になっていることは一緒に悩み、考え、笑い合いたいと思っています。

インタビュー一覧に戻る